Simple Mesh Cutter を使ってみた。【使用方法】

こんかいはSimple Mesh Cutter のアセットを使ってみたので、そのメモを残します。

assetstore.unity.com

完成形がこちら。

f:id:c_taquna:20181101223742g:plain

今回書きたいこと

ただ、使用方法が最初わからなかったので、簡単に使用するための方法について書きます。内容的にはサンプルシーンにあるのを真似ただけなのですが、自分でもきっと忘れてしまうと思うのでまとめます。実際にどういう挙動しているのか、コードはそのうち読みたいなと思ってます。

使用したツール / 環境

  • Unity 2018.13f1
  • SimpleMeshCutter
  • UniVRM

まずやること

斬られるがわ

Cubeを使用しました。

f:id:c_taquna:20181101224245j:plain

Cubeに"CutterTarget"と"Slicer"スクリプトをアタッチします。CutterTargetのMeshにはHierarchyから配置したCubeをドラッグします。
これで準備完了。

斬る側

斬る側では、斬るための剣をParticleを使用して作成しました。さらに、Particleの親オブジェクトに、Colliderをアタッチしたオブジェクトを子として配置します。そして、このColliderに対して"Cutter"と"Blade"と"Rigidbody"をアタッチします。

f:id:c_taquna:20181101224558j:plain

その後はRigidbodyのConstraintsのチェックをすべて入れます。こうしておかないと、斬ったあとにオブジェクトがふわふわどっかへ飛んでいきます。

f:id:c_taquna:20181101225247j:plain

次は、CutterスクリプトのCutDefaultMaterialに"Cut"を追加して、BladeスクリプトのOverride Materialに"DestructionAddtiveGS"とEffectPrefabに"BladeEffect"を追加します。これで一通り完了です。あとは、ColliderがうまくCubeを通り過ぎるように動かしてみてください。

感想

いちおう動いたけど、中身をみないと詳しくはわからないので、ちゃんと確認しておきたい。